賃貸住宅のチョイスが新生活を左右する:賃貸チン隊

新生活の一歩

初めて引っ越しをする人、もしくは初めて一人暮らしを始める人にとって、新居探しは大事な段階です。
新居探しはこれからの新生活の質を左右するものなので、ぜひポイントをいくつか抑えて、効率よく物件探しをしましょう。
最近では条件のいい賃貸住宅が増えてきて、特に若い人は最初のうちは賃貸住宅で暮らす、という人が多いのではないでしょうか。
そんな賃貸住宅について基本的なことを知っておくだけで、後々の新居探しはかなりスムーズになります。

賃貸住宅とは、周知とおり大家さんとの契約のもとで借りられる住宅のことです。
賃貸住宅はマンションやアパートなどがあり、自分のライフスタイルに合わせてどの物件にするか考えることが重要です。
賃貸住宅を借りる時、チェックするポイントがいくつかあります。まず「家賃」はもちろんのこと、立地条件、周囲の環境(騒音など)、部屋の広さなどです。
また、不動産屋とネットの情報を活用して住宅探しをしていくことも大事です。情報が多ければ多いほど物件毎の比較がしやすくなります。
ある程度めぼしい物件が決まったら、引っ越しの手順や各種契約の手続きの手順なども大まかに把握しておくとよいでしょう。
後で不備がないように、おおかたの準備は片付けておいたほうがスムーズです。
また、賃貸契約に必要になる資金の内訳も把握しておきましょう。物件によって必要になる資金の内訳が変わってくるので、不動産屋の広告を細かく見ていくことが大事です。

資金

ピアノとソファ

賃貸住宅の契約には、様々な資金が必要になります。家賃はもちろん、敷金や礼金などは各物件によって必要な資金の程度が変わるので、納得の行く物件を根気強く探していきましょう。

立地条件

マンションと空

賃貸住宅を借りる時は、立地条件も大事なポイントです。駅から近いか、スーパーやコンビニなどは近いか、職場や学校から通いやすいかなどの点を視野に入れて、住宅選びをすることが大事です。

治安もみる

茶色い一戸建て

賃貸物件を探すときは、家賃や立地条件も大事ですが、物件周辺の治安にも注目しておきましょう。騒音問題はないか、周りの道は暗くならないかなどを見ていくと、住みやすい物件がわかってきます。

部屋の広さ

見下ろしたリビング

これから新生活を始める部屋は、過ごしやすくて快適な賃貸物件がいいものです。ここでは、部屋の広さの表記について、そして各部屋の広さについてのメリットを紹介していきます。

オススメリンク